ネットワークビジネス業界 健康食品の「表示」に注意!! - ネットワークビジネス☆海外からもOK☆勧誘なしで出来る秘訣大公開!

ネットワークビジネス業界 健康食品の「表示」に注意!!

パートに行けない主婦の副業在宅ワーク



2013年は「表示」が世間を賑わせました。 

2013年10月以降、世間を賑わせたニュースが、いわゆる食品偽装問題でした。

複数のホテルやレストラン、百貨店が提供する食品・食材の産地が

実際と異なることが次々と発覚し、大きな話題となりました。

例えば、国産の有名なブランド牛と称した肉が

本当はより低価格な国産牛肉だったという具合です。

許せない行為ですね。良心の呵責よりも、お金儲けに目がくらんじゃうんですね。


このような問題は、景品表示法になります。

景品表示法を所管する消費者庁は、これらの運営会社に対して措置命令を発しました。

景品表示法違反のリスクは社名公表に留まるだけで、

業務停止や罰金といったそれ以上の罰則がありません。

そこで現在は、悪質な企業が過度な広告を宣伝して製品を販売する「売り得」を

許さない為に、景品表示法を改正し、強化する動きがすすんでいます。




ネットワークビジネス業界でも取り扱いの多い健康食品についても、

景品表示法による措置が行われています。



健康食品表示については、2013年に大きな変動がありました。

特定保健用食品と栄養機能食品の2つに加えて、

一般のいわゆる健康食品も機能性の表示が容認されるようになりました。

その一方で、表示解禁のブレーキ役を果たすと思われる動きもあるようです。

消費者庁は、健康食品表示に関わるガイドラインである

健康食品に関する景品法事法及び健康増進法上の留意事項について」を発表しました。

この指針によって不当表示への法施行がより活発になると想定されます。



そして、虚偽・誇大表示に関わるのは景品表示法だけでなく

ネットワークビジネスと関連の大きい特定商取引方や薬事法も同様です。

同じ不当表示であっても、適用する法律によって罰則の軽重に差が生まれることもあるそうです。


景品表示法違反の量刑は重くないけれど、特商法や薬事法違反で不当表示

不実告知に問われた場合、詐欺罪にもなり得るし、罰金にもなります。


表示や演述については、業界全体の健全化維持のために、きちんと守っていただきたいものですね。



皆さんは、これまでにネットワークビジネス健康食品、化粧品などの説明会などに

行かれたことはあるでしょうか?

1度や2度は、知人に誘われて行かれた方も多いのではないでしょうか?

私自身も、若い頃から最近にかけても、ネットワークビジネスに誘われることがあります。

そして実際にセミナーなどにも参加しました。


何となく、ネットワークビジネスと聞いただけで

自分には出来ないと思ってしまいます。

それは、たくさんの知人、友人に口コミしないといけないことが、

ひっかかるのです。


だから、今までネットワークビジネスのセミナーに行って

ネットワークビジネスというものに関心を持ったとしても

そこから、自らビジネスとしてやろうと思ったことはありませんでした。


そんな私でも、これなら出来る!!と直感で感じたビジネスがこれでした。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

98%が知らない口コミなしで成功できるビジネス

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://nausica2020.blog.fc2.com/tb.php/37-10351bf2