片頭痛はつらいです!解決方法を提案します! - ネットワークビジネス☆海外からもOK☆勧誘なしで出来る秘訣大公開!

片頭痛はつらいです!解決方法を提案します!

自宅にいながら、自由な時間を使ってできる副業です!



日本では、4人に1人が「頭痛持ち」といわれ、

「片頭痛」は繰り返し起こる頭痛(慢性頭痛)のなかでも

日常生活に支障が大きいため、悩んでいる人が一番多い頭痛です。

疫学調査によると、日本人の8.4%、約840万人が

片頭痛に悩まされているといわれています。

男性よりも女性に多くみられ(約3.6倍)、

30歳代の女性では5人に1人が片頭痛といわれています。


私自身は30代前半から頭痛がし始めました。

それまでは、そんなに頭痛になったことはありませんでした。

市販の頭痛薬だけを飲んで、その場をしのいでいましたが、

しょっちゅう頭痛薬を飲むようになり、

だんだん市販の頭痛薬も効果がなくなってしまいました。


片頭痛は、頭の片側、もしくは両側、後頭部

ズキズキと脈打つように激しく痛む頭痛

脳内血管で、神経ペプチドが遊離されることで炎症が起き、

血管が拡張して起こる状態です。

ひどい時は、吐き気を伴ったり、目の奥まで痛みが広がることもあります。

片頭痛の痛みは数時間から、長い場合は3日間続きます。


責任の重い仕事をがんばってやり終えたとき、

大きな悩みから解放されたときなど、緊張がとけてほっとしたとたん、

片頭痛が始まってしまったというパターンも多いようです。

これは、ストレスがかかっている間は緊張によって収縮していた血管が、

リラックスすることによって一気に拡がるためと考えられます。

実際、平日は何でもないのに、せっかくの休日、

朝から片頭痛に悩まされるという人は少なくありません。



片頭痛で悩む女性の約半数が、

片頭痛が月経と関連して起こることを自覚しています。

実際に月経開始の2日前から月経3日目までに

片頭痛発作を起こす人が多いことが知られています。


片頭痛治療は、薬物療法が中心となります。

頭痛発作のときに服用する急性期治療薬(頓挫薬)と

発作を起こりにくくする予防薬があり、

それぞれ効果の高い薬が使われるようになってきました。

頭を冷やすことも効果があります。

鍼を打ってもらうのも効果がありました。


これらの治療薬に加えて、私はサプリメントもお勧めです!

自宅にいながら、自由な時間を使ってできる副業です!



ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://nausica2020.blog.fc2.com/tb.php/115-5986d764